こちらでは、令和2年度予算の予算案情報の中から、

『中小企業を中心とした民間企業にも活用できる補助金』が

公募される可能性があると思われるものを、ピックアップしてご紹介しています。

 ※ 予算案の情報ですので、今後、変更される可能性もあります。

  (内容および公募の実施はまだ確定しておりません。)

※ 令和2年度の予算ですが、早いものでは令和元年度中に募集されます。ご注意ください。 

 

 

令和2年度「ものづくり・商業・サービス高度連携促進事業費」

事業の内容

事業目的 ・ 概要

 中小企業等が行う、革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に

 必要な設備投資等を支援する、いわゆる「ものづくり補助金」を当初予算化し、

 複数の事業者が連携する、波及効果の大きい取組を重点的にします。

 

 「コネクテッド・インダストリーズ」の取組を日本経済の足腰を支える

 中小企業・小規模事業者にも広く普及させるべく、

 事業者間でデータを共有・活用することで生産性を高める高度なプロジェクトを

 支援します。

 

 また、地域経済を牽引する事業がもたらす地域経済への波及効果をより高めるため、

 地域経済牽引事業計画の承認を受け、

 連携して事業を行う中小企業・小規模事業者等による設備投資等を支援します。

 

 加えて、幹事企業が主導し、中小企業・小規模事業者等を束ねて面的に生産性向上を

 推進する取組を支援します。

 

 当該事業を通じて、賃上げにも取り組んでいただきます。

 なお、積極的な賃上げや被用者保険の任意適用に取り組む事業者は優先的に支援します。

 

 ※事業計画期間において、「給与支給総額が年率平均1.5%以上向上」、

  「事業場内最低賃金が地域別最低賃金+30円以上」を満たすこと等を申請要件とします。

 

 ※要件が未達の事業者に対して、天災など事業者の責めに負わない理由がある場合や、

  付加価値額が向上せず賃上げが困難な場合を除き、補助金額の一部返還を求めます。

 

成果目標

 事業終了後3年以内に以下の達成を目指します。

  ・補助事業者全体の付加価値額が9%以上向上

  ・補助事業者全体の給与支給総額が4.5%以上向上

  ・付加価値額年率平均3%以上向上及び給与支給総額年率平均1.5%以上向上の目標を

   達成している事業者割合65%以上

  

事業イメージ

1.企業間連携型(補助上限額:2,000万円/者、補助率中小1/2小規模2/3)

 複数の中⼩企業等が連携して行う、以下のプロジェクトを最大2年間支援します。

 (連携体は5者まで。)

 

 ①事業者間でデータ・情報を共有し、

  連携体全体として新たな付加価値の創造や生産性の向上を図るプロジェクト

 

 ②地域未来投資促進法に基づく地域経済牽引事業計画の承認を受けて連携して新しい事業を

  行い、地域経済への波及効果をもたらすプロジェクト

 

 <想定される取組例>

   複数のクリーニング店が、

   24時間365日の店舗併設型受付ボックスの設置・自動引取システムの構築を

   共同で実施。顧客データの共有・分析により、無人化へのシフト、

   顧客引っ越し時の顧客維持や営業力強化等を図る。

 

  「地域の特産品を売りとした新しい観光コース創設」をテーマに地域経済牽引事業計画の

   認定を受けた事業者グループが、共同で新商品開発と製造推進を図る。

 

2.サプライチェーン効率化型(補助上限額:1,000万円/者、補助率中小1/2 小規模2/3)

 幹事企業・団体等(大企業含む)が主導し、中小企業等が共通システムを面的に導入し、

 データ共有・活用によってサプライチェーン全体を効率化する取組等を支援します。

 (連携体は10者まで。)

 

 ※幹事企業が大企業の場合は、補助金支給の対象外。

 

 ※企業間連携型は、参画企業全ての事業計画の策定が必要である一方、

  サプライチェーン型は、幹事企業が代表して事業計画を策定することが可能。

 

 <想定される取組例>

   完成品メーカーが、サプライチェーン業務共通利用プラットフォームを提供し、

   取引先中小企業等に導入。

   サプライチェーン全体で情報共有・可視化することで、業務効率化・高度化を図る。

 

※( )内は前年度予算額                      出典:経済産業省

R02 ものづくり・商業・サービス高度連携促進事業費【予算PR資料】(案)201
PDFファイル 429.2 KB

補助金お知らせサービス 無料会員募集中!

補助金情報をメールマガジンでお知らせいたします。

登録はこちら

おかげさまで売れてます。

内容を更新し、第2版発売中!

【第2版】

【第1版】

ベストセラー補助金・助成金本

「社長!会社の資金調達に補助金・助成金を活用しませんか!?」

著者:当社代表取締役 小泉 昇

出版:自由国民社