こちらでは、令和2年度予算の予算案情報の中から、

『中小企業を中心とした民間企業にも活用できる補助金』が

公募される可能性があると思われるものを、ピックアップしてご紹介しています。

 ※ 予算案の情報ですので、今後、変更される可能性もあります。

  (内容および公募の実施はまだ確定しておりません。)

※ 令和2年度の予算ですが、早いものでは令和元年度中に募集されます。ご注意ください。 

 

 

令和2年度「JAPANブランド育成支援等事業」

事業の内容

事業目的 ・ 概要

 人口減少等により内需が弱い中、中小企業が海外需要を獲得し付加価値を

 高めていくことがより重要となっています。

 海外展開等を進める上では、市場ニーズに合致した商品・サービスを開発し、

 磨き上げた上で販路開拓に繋げていくことが不可欠です。

 

 このため、本事業では、中小企業者等が行う、

 市場ニーズに対応した新商品・サービス開発やブランディング等の取組に対して

 補助を行います。

 

 その際、ECやクラウドファンディング、地域商社による輸出支援など、

 販路開拓の手法が多様化しつつあることを踏まえ、

 新たな販路開拓のノウハウを持つ支援事業者と連携した取組を重点的に支援します。

 

成果目標

 支援実施後の中小企業等の商品・サービスの市場取引達成率80%を目指します。

  

事業イメージ

JAPANブランド育成支援等事業

 ①海外・全国展開型:

  中小企業等が、海外展開や全国展開、インバウンド需要の獲得に関する取組み

  (新商品・サービス開発やブランディング等)を行うとき、

  その経費の一部を補助します。

  (補助上限額:500万円※補助率:2/3,1/2)

  ※複数者による共同申請の場合は上限2,000万円

  ※ECやクラウドファンディング、地域商社など海外展開等に関する

   ノウハウネットワークを持つ支援事業者等と連携した取組を重点的に支援

 

 ②支援事業型:

  民間支援事業者や地域の支援機関等が、複数の中小企業者に対して海外展開や全国展開、

  インバウンド需要の獲得に関する支援(調査研究や新商品・サービス開発の支援、

  効率的なツールの提供等)を行うとき、その経費の一部を補助します。

  (補助上限額:2,000万円補助率:2/3)

 

【事業イメージ】

 ①海外・全国展開型

  地域資源を活用した商品について、海外市場に詳しい専門家と連携し、

  その魅力を海外へ発信。海外展示会の出展や、

  WEBサイトの多言語化による広報、商標の国際登録等を積極的に行い、

  新規市場開拓・ブランド確立を目指す。

 

 ②支援事業型

  地域商社として、複数の中小企業者のテストマーケティング、現地プロモーション、

  展示会出展フォロー等商品開発・改良から販路開拓までを支援。国内・海外を問わず、

  商品が継続的に売れる仕組みを構築する。

※( )内は前年度予算額                      出典:経済産業省

R02 JAPANブランド育成支援等事業【予算PR資料】(案)20191220.
PDFファイル 552.0 KB

補助金お知らせサービス 無料会員募集中!

補助金情報をメールマガジンでお知らせいたします。

登録はこちら

おかげさまで売れてます。

内容を更新し、第2版発売中!

【第2版】

【第1版】

ベストセラー補助金・助成金本

「社長!会社の資金調達に補助金・助成金を活用しませんか!?」

著者:当社代表取締役 小泉 昇

出版:自由国民社