こちらでは、令和元年度補正予算の予算案情報の中から、

『中小企業を中心とした民間企業にも活用できる補助金』が

公募される可能性があると思われるものを、ピックアップしてご紹介しています。

 ※ 予算案の情報ですので、今後、変更される可能性もあります。

  (内容および公募の実施はまだ確定しておりません。)

※ 令和元年度補正の予算ですが、早いものでは令和元年度中に募集されます。ご注意ください。 

 

 

令和元年度補正「革新的環境イノベーション戦略加速プログラム」(革新的環境イノベーションの創出に向けた技術開発)

事業の内容

事業目的 ・ 概要

 地球規模の課題である気候変動問題を解決するためには、

 クリーンエネルギー技術の開発と実用化に向けた抜本的なコストダウンが必要です。

 

 日本としても、世界の脱炭素化を牽引すべく、

 「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略」(令和元年6月閣議決定)において、

 2050年までに80%の温室効果ガス削減目標を掲げるとともに、

 非連続なイノベーションの推進を表明しました。

 

 また、2019年10月の「グリーンイノベーション・サミット」では、総理から、

 世界の叡智を結集するための「ゼロエミッション国際共同研究拠点」の立ち上げと

 「革新的環境イノベーション戦略」の策定、

 今後10年間で30兆円の官民の研究開発投資を目指すことなどが表明されました。

 

 本事業では、「革新的環境イノベーション戦略」※に基づく民間投資を活用した

 技術シーズの実用化に向けた開発を加速します。

 

 

成果目標

 「2050年までに温室効果ガス排出量80%削減」という長期的目標に向け、

 「革新的環境イノベーション戦略」※を踏まえ、

 産業分野等における脱炭素技術の革新的なイノベーションの創出を目指します。

 

 ※今後、策定予定。

  

事業イメージ

産業分野等における革新的環境イノベーションの創出に向けた技術開発

 産業分野等におけるゼロエミッションを達成するためのキーテクノロジーである

 「カーボンリサイクル」、「バイオ」、「水素」について、

 技術シーズをスケールアップさせるための研究開発・パイロット実証等を支援します。

 

(1)カーボンリサイクル(セメント)

   セメント製造工程のCO2を再資源化し、

   原料や土木資材として再利用する技術を開発します。

 

(2)バイオものづくり

   バイオマス等を原料として、

   カーボンニュートラルな高機能化学品等を製造する技術を開発します。

 

(3)ゼロカーボン・スチール

   製鉄プロセスにおいてCO2を発生させない「ゼロカーボン・スチール」を

   実現するため、水素還元製鉄技術や製鉄プロセスで

   発生するCO2を分離・回収する技術等を開発します。

 

出典:経済産業省

R01補 革新的環境イノベーション戦略加速プログラム(革新的環境イノベーションの
PDFファイル 838.4 KB

補助金お知らせサービス 無料会員募集中!

補助金情報をメールマガジンでお知らせいたします。  登録はこちら

 

新刊が出ました!

2020年6月19日発売

「中小企業が本当に使える

     補助金ベスト100

著者:当社代表取締役 小泉 昇

出版:自由国民社

詳細はこちら

おかげさまで売れてます。

内容を更新し、第2版発売中!

【第2版】

【第1版】

ベストセラー補助金・助成金本

「社長!会社の資金調達に

  補助金・助成金を

       活用しませんか!?」

著者:当社代表取締役 小泉 昇

出版:自由国民社