こちらでは、令和元年度補正予算の予算案情報の中から、

『中小企業を中心とした民間企業にも活用できる補助金』が

公募される可能性があると思われるものを、ピックアップしてご紹介しています。

 ※ 予算案の情報ですので、今後、変更される可能性もあります。

  (内容および公募の実施はまだ確定しておりません。)

※ 令和元年度補正の予算ですが、早いものでは令和元年度中に募集されます。ご注意ください。 

 

 

令和元年度補正「生活空間におけるサイバー/フィジカル融合促進事業費」

事業の内容

事業目的 ・ 概要

 多くの家庭において、様々な家電等が利用されていますが、

 これらから消費者の生活データを得ることができる環境が整備されつつあります。

 

 こうしたデータをうまく活用することで、社会課題の解決にも寄与するような、

 個人の特性に応じてカスタマイズされた高付加価値なサービス等が提供でき、

 我々の生活をより豊かにできる可能性があります。

 しかしながら、これらのデータを相互に十分に活用できないため、

 実現が困難な状況になります。

 

 本事業では、多様な家電等がネットワークに接続され、

 プライバシーが確保された環境の元で、生活データが流通していき、

 消費者のニーズを適格に捉えたサービスが提供される市場の創出に向けた取組を

 促進します。

 

 具体的には、複数の機器メーカーから得られる消費者の生活データを分析し、

 複数のサービス事業者に提供する機能を担うプラットフォームと連携したサービスの

 利用契約を行った消費者に対しインセンティブを付与する民間企業等の取組を支援します。

 

 また、事業者には、プラットフォーム事業者間におけるデータ連携の仕組みに関しての

 検討や消費者にとって負担感の少ないインターフェースの実現に向けた工夫を促します。

 

成果目標

 収益化を果たしたプラットフォームの担い手の創出(2022年度中に2社を目指す)

出典:経済産業省

R01補 生活空間におけるサイバー/フィジカル融合促進事業費【予算PR資料】(案
PDFファイル 785.0 KB

補助金お知らせサービス 無料会員募集中!

補助金情報をメールマガジンでお知らせいたします。

登録はこちら

おかげさまで売れてます。

内容を更新し、第2版発売中!

【第2版】

【第1版】

ベストセラー補助金・助成金本

「社長!会社の資金調達に補助金・助成金を活用しませんか!?」

著者:当社代表取締役 小泉 昇

出版:自由国民社