下記補助金のご相談受付は、締め切らせていただきました。
たくさんのご相談ありがとうございました。
 ・平成30年度補正予算 ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業(2次公募)
  (※9月20日締切のもの)
 ・平成31年度 ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金(連携)(2次公募)
  (※9月27日締め切りのもの)
 
成長戦略オリジナル ものづくり補助金チラシ
成長戦略オリジナル ものづくり補助金チラシ 20190827.pdf
PDFファイル 573.2 KB

 

上記の、当社オリジナルものづくり補助金チラシは、ダウンロードし、ご自由にご使用になれます。ただし、無断転載、無断転用はご遠慮ください。随時、最新情報を反映したものをアップしますのでぜひご活用ください。

 

2019.08.27 最新版をアップしました。

       ファイル名:成長戦略オリジナル ものづくり補助金チラシ 20190827

 

■■■ものづくり補助金を獲得するには

ものづくり補助金は、例年、申請書のみで審査されます。

面接はありません。申請書が全てです。

 

では、申請書の限られた紙面の中で、どうやって自社をアピールすればよいのでしょうか?

補助金の審査は審査基準に則って審査されます。

そして、審査基準は公表されています。

ですから、審査基準に合うように書けば良いのです。

 

とは言え、そのような申請書を、自分で全部書ける人は、そう多くはいません。

せっかく書いても、落ちてしまう可能性の方が高いかもしれません。

 

そんな時には、信頼できるコンサルタントを探しましょう。

注意すべきは、認定支援機関であっても、補助金に詳しいとは言えない、ということです。

認定支援機関には、申請書を1枚出せばなれます。

ですから、それだけでは、補助金活用のノウハウがあるかはわからないのです。 

 

■■■コンサルタントの選び方

それでは、補助金活用に強いコンサルタントは、どうやって探せばよいのでしょう。

  

ポイント1.進むべき方向を事業計画書にしてくれるコンサルタントを選ぶことです。

申請書は、事業計画書です。事業計画は、まず、会社の実態をしっかりと理解しなければ作れません。

製造業であれば、技術が理解できないコンサルタントでは頼りになりません。

サービス業であれば、その業界をある程度理解し、様々なビジネスモデルに詳しいコンサルタントがいいでしょう。

さらに、どの業界であっても、ITについては一定レベルの知見が必要です。

 

このように、補助金活用支援のコンサルタントには、経営コンサルタントという枠を超えた知識と経験があることが望まれるのです。

 

例えば、社労士さんに頼んで書いてもらった、という経営者の方に時々お会いします。

社労士さんは労務の専門家であり、雇用系の助成金はプロです。

しかし、ものづくり補助金のような開発系の補助金は、専門分野外です。

もちろん、中には例外もあるでしょうが、一般的には、社労士さんで事業計画を書ける方は少ないと思います。

 

ポイント2.採択実績は、「中身」が重要です。

採択数が多くても採択率が低かったり、また反対に、採択率が高くても採択数の少ないコンサルタントは避けた方が良いでしょう。「採択率100%」などとうたっているところは、数件しか取り扱っていないところがほとんどです。採択実績の「中身」に注目しましょう。

 

ポイント3.採択後まで面倒を見てくれるかどうかが重要です。

補助金は、採択されて終わりではありません。採択されてからが、補助事業のスタートなのです。実は、出する書類は、最初の申請書よりも、採択されてからの方がずっと多いのです。

 

まずは、採択後すぐ提出する交付申請書。そして、見積書(相見積もりも必要です)、発注書、発注請書、契約書、納品書などの証憑書類。納品された時の写真。設備に貼るシールとそれを撮影した写真。原材料を使うたびの記録。会議議事録。何かあるたびに撮影する写真。日報。タイムカードのコピー。出勤簿。遂行状況報告書。中間検査。変更申請書。実績報告書。まだまだあります。

 

これらの書類を、間違いなく提出する必要があるのです。

ここを見てくれないコンサルタントでは困ります。

 

さらに、採択後の事務処理について詳しいコンサルタントなら、採択後の事務処理が少なくなるように、最初から工夫して申請書を書くこともできます。

採択後を知らないコンサルタントに頼むと、後が大変になりますので、注意が必要です。

 

■■■当社の特徴

特徴1.ハイレベルな人材が複数関与し、時間をかけて取り組みます

当社には、技術とビジネスが両方わかるコンサルタントが多数在籍しています。

ご依頼を受けた後、いきなり書き始めるのではなく、まずはストーリーを練ることに時間をかけます。業界や競合の調査もします。

そして、お客様と一緒に何度も検討した後、社内レビューを繰り返して事業計画を立案します。

ハイレベルな人材が複数関与し、プランを練り上げていきます。

このような過程が、高い品質につながっています。

当社のメンバーはこちら

特徴2.豊富な実績と高い採択率

当社は、ものづくり補助金だけで、約200件もの採択実績があります。

また、毎回常に8割超の採択率をキープし続けています。

これだけの採択数と採択率を持っているところは、そう多くはないはずです。

当社の採択実績を、本ページの最後に掲載しましたので、ぜひご覧ください。

 

特徴3.採択後も含め、トータルにご支援します

当社は、基本的に全案件で、採択後のご支援までセットでご契約させていただいております。

そうしないと、せっかく採択されても、その後、補助金が大きく減額になったり、最悪の場合、もらえなくなったりするからです。

採択後の書類は、量が多いだけでなく、気を付けなくてはいけないポイントが多く、支援には専門知識と経験が必要です。当社には、それが十分あります。

 他社と比較されているお客様へ

  

■■■当社の報酬体系(ものづくり補助金の場合)

当社の報酬は、着手金が38万円(消費税等別)です。

 ※公募開始前までに契約し、着手金をお振込み頂いた場合は、半額の19万円です。

採択された場合は、成功報酬をいただきます。

着手金と成功報酬等を合わせた総額で「採択金額の2割」を上限としています。

 

これで、「申請から補助金受給まで」をトータルにご支援します。

 

不採択となった場合は、もちろん、成功報酬はいただきません。

さらに、次回ご支援時には着手金無料でやらせていただきます。

それでも不採択なら、次回も同様です(3年以内等の条件あり)。

一度ご依頼いただければ、かなりの確率で補助金を獲得できるシステムになっています。

当社のサービスを活用して、貴社もぜひ、補助金活用の常連になってください。

■■■当社の採択実績(平成29年度補正ものづくり補助金)

※以下は、当社がご支援させていただいた、ものづくり補助金採択案件の一部です。

※獲得金額は、100万円未満は四捨五入しています。

導入設備 申請県 獲得金額
マシニングセンタ 北海道  1,000万円
マシニングセンタ 山形県 1,000万円
独自開発の製造装置 栃木県 700万円
5軸マシニングセンタ 栃木県 1,000万円
特殊接着装置 群馬県 1,000万円
洗浄装置 群馬県 1,000万円
放電加工機 埼玉県 1,000万円
マシニングセンタ 埼玉県 1,000万円
マシニングセンタ 埼玉県 1,000万円
NC旋盤 埼玉県 1,000万円
マシニングセンタ 埼玉県 1,000万円
マシニングセンタ 埼玉県 1,000万円
印刷機用インラインカメラ 埼玉県 1,000万円
洗浄装置 埼玉県 1,000万円
ワイヤーカット放電加工機 千葉県 1,000万円
マシニングセンタ 千葉県 1,000万円
マシニングセンタ 千葉県 1,000万円
3次元測定器 千葉県 1,000万円
NC旋盤 千葉県 1,000万円
NC旋盤 東京都 1,000万円
3Dプリンター・CAD 東京都 1,000万円
NCフライス盤 東京都 1,000万円
左官工事用装置2台 東京都 1,000万円
マシニングセンタ 神奈川県 1,000万円
土木工事用大型装置 新潟県 1,000万円
3Dスキャナ及びソフトウェア 新潟県 600万円
業務用スマホアプリとシステム 新潟県 1,000万円
印刷機用補助装置 石川県 1,000万円
研削盤 長野県 1,000万円
射出成形機 長野県 1,000万円
マシニングセンタ 長野県 1,000万円
ファイバーレーザー加工機 静岡県 1,000万円
工事用独自装置 愛知県 1,000万円
レーザー加工機用周辺機器 愛知県 1,000万円
サービスロボット 滋賀県 900万円
マシニングセンタ 京都府 900万円
塗装設備 大阪府 1,000万円
ロボット 兵庫県 1,000万円
ロボット 兵庫県 900万円
マシニングセンタ 兵庫県 1,000万円
土木工事装置 和歌山県 1,000万円
生産ライン高度化機器 広島県 1,000万円
ドローン複数台及び計測システム 熊本県 1,000万円

ご相談は無料です。締め切り前は、当社のキャパシティを上回るご依頼をいただくため、毎回、お引き受けできなくなります。

お早めにご相談ください。

 

 

補助金相談はこちら

補助金お知らせサービス登録はこちら

 

成長戦略株式会社

〒101-0045 千代田区神田鍛冶町3-3-9 喜助新千代田ビル8階

Tel 03-3525-8153   Fax 03-3525-8154

Email  info@ss-kk.co.jp

補助金お知らせサービス 無料会員募集中!

補助金情報をメールマガジンでお知らせいたします。

登録はこちら

おかげさまで売れてます。

内容を更新し、第2版発売中!

【第2版】

【第1版】

ベストセラー補助金・助成金本

「社長!会社の資金調達に補助金・助成金を活用しませんか!?」

著者:当社代表取締役 小泉 昇

出版:自由国民社