********************************************************************  最新トピックス

********************************************************************

安倍首相が、年末に向けて編成する補正予算に、『ものづくり補助金』を盛り込み、1万社を超える中小企業を支援することを表明しました。
次回のものづくり補助金が実施されるのは、ほぼ確実となったようです。

公募の時期はまだわかりませんが、例年通りの2月くらいとみるのが順当でしょう(前回が昨年の今頃から始まったのは、例外的です)。
公募締め切りから1、2ヶ月で採択発表、それから約1ヶ月で交付決定、その後から来年の年末までが事業期間、といったスケジュールではないでしょうか。

このスケジュールでは、事業期間が短い(6~7ヶ月程度)ため、大型設備では納期がかなり厳しくなります。
多くの機械装置では、ものづくり補助金のスケジュールに合わせて発注が集中するため、その時期は通常よりも納期が長くかかることが常態となっています。
ものづくり補助金の申請に際しては、納期をしっかりと確認しておくことが重要です。

当社でも、この時期には例年、数多くのご依頼をいただくため、締め切りのかなり前にキャパシティがいっぱいになります。お受けできずにお断りさせていただくことになり、せっかくご依頼いただいたのに…と、毎回大変心苦しく思っております。

次回のものづくり補助金の実施がほぼ確定されましたので、
当社でも、規受注を開始しました!

ものづくり補助金の採択率は毎回4割程度ですが、
当社がご支援したお客様の採択率は、毎回8割を超えています。
前回(平成28年度補正予算)は特に高く、9割を超えました。

当社の採択率の高さの理由は、
お客様と一緒に、入念な事業計画を策定することにあります。

より良い事業計画を練り上げるには、時間が必要です。
お早めのご相談が良い結果に結びつきます。
ご相談は無料です。ぜひお早めにご相談ください。

補助金・助成金を使って、       「新しい取り組み」を支援します

新しい取り組みには、リスクがつきもの。でも、リスクは極力減らしたい。

そんな時にピッタリなのが、補助金・助成金です。
補助金・助成金は、新しい取り組みをするときにもらえるものだからです。

代書屋ではありません

代書屋というのは、お客様に言われた通りに書く人のことです。

でも、それでは、ほぼ間違いなく、補助金・助成金の審査を通過できません。

当社は、代書屋ではありません。

当社から様々なご提案をして、お客様と一緒になり、

採択される申請書を作り上げます。

新規性と独自性のある実現可能な事業計画を立案します

補助金・助成金の申請書は、事業計画そのものです。

そして、その審査基準で重視されるのは、新規性・独自性と実現可能性です。

当社は、補助金・助成金のための計画ではなく、

お客様の発展のために、新規性と独自性のある実現可能な事業計画を立案します。

それがそのまま、補助金・助成金に高確率で採択されることに繋がるのです。

ハイレベルなメンバーが揃っています

当社のメンバーとなるには、資格は不要です。

でも、資格を持っているだけでは、到底、当社のメンバーにはなれません。

○○士は、○○のプロです。でも、事業計画のプロではありません。

補助金・助成金のコンサルティングを行うには、事業計画立案能力が求められるのです。

そのためには、企業を理解する力、技術を理解する力、マーケットを理解する力、

ビジネスを組み立てる能力等、どれも欠くことができません。

当社には、事業計画立案能力を持ったハイレベルなメンバーが揃っています。

 

メンバー紹介はこちら

採択されるまでご支援します

補助金・助成金の一般的な採択率は、5%~20%程度。

一方、当社がご支援した場合は、はるかに高い採択率となります。

(当社のご支援したお客様の採択率は、

 難易度の高い補助金を含む全補助金で8割を超えています。)

しかも、万一不採択となった場合には、採択されるまで何度でも着手金無料。

(省エネ系補助金を除く。ほぼ同じ内容で同様の補助金・助成金へ3年以内に申請時。)

実質的に、採択されるまでご支援します。 

採択後もお手伝いします

補助金・助成金の書類は、実は採択後の方が多いです。

しかも、一歩間違えると面倒なことになります。

補助金・助成金は特殊な世界です。

特殊な補助金・助成金の世界を知り尽くした当社が並走し、

採択後の書類を着実に仕上げるお手伝いをいたします。

補助金・助成金の常連になっていただけます

補助金・助成金を活用している企業は少数です。

しかし、活用している企業は、毎年のように活用しています。

補助金は特殊な世界ですから、最初はわかりにくく、活用しにくいと思うかもしれません。

しかし、ご安心ください。

当社が水先案内人となり、貴社を補助金・助成金活用の常連へと導きます。

補助金お知らせサービス 無料会員募集中!

補助金情報をメールマガジンでお知らせいたします。

登録はこちら

おかげさまで売れてます。

内容を更新し、第2版発売中!

【第2版】

【第1版】

ベストセラー補助金・助成金本

「社長!会社の資金調達に補助金・助成金を活用しませんか!?」

著者:当社代表取締役 小泉 昇

出版:自由国民社